聴覚に障がいを持ちながらもいろいろと挑戦し続けるオーナーを紹介します♪


「屋久島デフファーム」のオーナーは中村一郎氏。私は、彼を「イチローさん」と呼んでいるやんちゃ坊主です。イチローさんは、3歳の時に頭を打って、耳が聞こえなくなりました。しかし、彼は聞こえないことをむしろバネに、聴覚障がい者が取れなかった船舶免許を取れるように障がい者条項撤廃を目指して運動したり、「極真会館」空手の有段者になったりと、破天荒な人生を歩んできました。
そんな彼と知り合ったのは1996年のこと。レッドベレーズという聞こえない人と聞こえる人が交流し、ハイキングやアウトドアを楽しむ会で役員をされていた彼と出会いました。以来、「面白い奴やな」と交流が続いてましたが、2010年に突然、神戸市役所を退職し、屋久島に移住して農業をするというので、またも驚かされました。屋久島に移住してから今日までの活動記録をイチローさんが下記のブログにて発信しておりますので、ぜひ読んでいただければと思います。そして、みなさまに喜んでいただけるよう美味しい果樹や野菜づくりに励んでいるイチローさん家族を応援していただければ嬉しいです。何卒よろしくお願いいたします。(デフファームの会・久保)

●「屋久島デフファーム」代表/中村一郎氏のプロフィール
・昭和33年7月生まれ
・兵庫県の神戸市役所にて、土木や農業など様々なプロジェクトに携わる
・聴覚障がい者も取得できるように船舶免許規則改正を実現させる
・特殊用途自動車に身障者有料道路割引を適用させるなど輝かしい活動歴を持つ
・屋久島を訪れた時、屋久島に魅せられて2010年に家族で移住

現在は総面積5,044坪を保有する戦略的農業施設『屋久島デフファーム』の代表として、妻と共に農業に精を出し続けている。また、自ら聴覚障がいを持つ身として、健常者や聴覚障がい者にも快適にご利用いただける宿泊施設も運営している。

中村ご夫妻の活動日記はブログ「屋久島!農で起業する!」で紹介されています!


中村ご夫妻のブログはこちら→(外部サイトへ移動)
2011年から始めておられるブログを立ち上げた時の初めてのメッセージは下記の通りです。

■ブログデビュー!
2011-06-03 17:04:17

今日、初めてブログを作りました。
右も左もわからぬ初心者ですが、
皆様、宜しくお願いします。(^∇^)
聴覚障がい者の中村一郎が一念発起し、
27年間務めた公務員を早期退職して農業を始めました。
生まれも育ちも生粋の神戸っ子でしたが、
自然豊富な屋久島にあこがれて、家族全員で移住しました。
新規就農で田畑を起こし、果樹苗を沢山育てて野菜も作り始めました。
半農半漁で自給自足の生活を構築しながら、
水のきれいな屋久島で、
完全無農薬の安全な食べ物を作りたいと日夜悪戦苦闘しております。
その傍らで、聴覚障がい者専門のガイドを目指しています。

ブログ「屋久島!農で起業する!」サイトより引用→(外部サイトへ移動になります)

農園の他に運営している2014年オープンの宿泊施設もいかが?

屋久島まるごと情報サイト「屋久島マルシェ」の宿泊案内ページにも紹介されています(外部サイトへ移動)