デフ(聴覚に障がいをお持ち)の方やパートナーへ!
屋久島へ移住し、農業をしたい方大歓迎!
デフの農場オーナーが宅地を格安で提供。軒下に畑が完成した暁には、長年にわたって無農薬野菜の提供を開始します。
世界自然遺産の屋久島で、力を合わせて自分たちの村を作りませんか?

※屋久島デフファーム用地の一部を1区画100坪を400万円(税別、造成・基礎工事別途)で先着順にて宅地販売します!【合計6区を予定】
デフ(聴覚に障がいをお持ち)の方、それに理解のあるパートナー(聴覚障害者に理解の有る健聴者や、手話通訳者)を優先させていただきますのでご了承ください。



現在、屋久島デフファームは、完全な自給自足に向けて畑を構築中で、将来は田植えや養鶏、船舶の所有による釣り船や漁業も計画しています。

そこで、果樹園予定地2,212坪の内、600坪程度を宅地用に造成して販売予定です。
・1区画100坪を400万円(税別、造成・基礎工事別途)で先着順にて宅地販売
・宅地造成費用を含みます
・電気・水道引込は自己負担でお願いします
・地元業者に依頼して道路を作り、ライフラインを整えます
・屋久島は身障者の医療費は全額無料になっています

現地は標高200mの屋久島特有の景勝地。
南下に海全体が見渡せ、暖かくて野菜の作りやすい所です。作業を手伝って下さる方には、自給に向けての食料無償提供を開始します。 また、農作業をしないで個別に働きに行く事も可能です。

1、2枚目の画像の中で下側に見える建物は「屋久島デフファーム」の施設です。
屋久島の電力は水力の自己発電。
排水を垂れ流す工場も無く、川の水はそのまま飲める綺麗さ。
海も川も底まで透き通り、古き良き日本の美しい風景が残されています。
お米を作るならこんなきれいな水で作りたいと思い、生まれ育った神戸から家族全員で移住しました。

雨の多い屋久島と揶揄されるも、最南端の「平内地区」は最も雨の少ない地域で、降らない時は1ヶ月半も雨が降りません。
最南端は亜熱帯気候に属し、屋久島北部とは5℃も温度が違います。
冬も暖かくてストーブを使わない日も有ります。
八重山諸島唯一、猛毒のハブの居ない島。イノシシも居なければ熊も居ません。
海は巨大魚の南限と北限が重なり、釣り人達の憧れの島です。
磯からマグロの子供や幻のホシガツオも釣れ、素潜りでは沢山の伊勢海老を目の当たりにします。
彼方此方に温泉が点在し、海辺で干潮時に入る『平内海中温泉』は格別です。
山も九州地方で一番高い山が、屋久島の宮之浦岳で標高1,936mになります。
縄文杉を含め太古の自然の眠るこの島は、トレッキングコースも豊富にあり、1年を通じて登山が楽しめます。
日本の北部から南部までの植物が集まり、まさに日本の縮図とされています。
空気が綺麗で、車の数が少なくて交通事故が殆ど無いので、長生きしやすい環境です。


もし、屋久島に住んでみたい方、農業をやってみたい方いらっしゃいましたら、一度ご連絡ください。

お問合せ・ご相談はこちらへ→(屋久島デフファームWEBサイトへ移動)
<取引担当業者>
宅地建物取引業者免許 国土交通大臣(6)4409号 屋久島パイン株式会社

※応援するサイト「屋久島デフファームの会」は、紹介のみで関係しておりません。