2018年度タンカン販売中止のお知らせとお詫び

屋久島デフファームで育てているタンカン木が去年の台風の影響で、被害を受けました。そのため、熟成しなかった実が多く、残念でございますが、2018年度の販売は中止させていただきます。毎回ご注文いただいているお客様にはご迷惑をおかけしてお詫びするとともにご理解を何卒よろしくお願い申し上げます。
2017年度タンカンの販売報告はこちら→
2016年度タンカンの販売報告はこちら→

タンカンはなぜ、「柑橘類の王様」といわれているの?

●ヤミツキになる濃厚な甘さ!
タンカンは、ポンカンとネーブルオレンジの交雑種で、濃厚な甘さと他のどの柑橘類ともちがう独特の風味が特徴です。柑橘類の中でも知る人ぞ知る最高品種で、その美味しさは『柑橘類の王様』という称号まで与えられているほどです。

●水分をたっぷりと含んだ果肉は、やわらかくてとってもジューシー!
一度食べたらヤミツキになる”極上フルーツ”です。 皮は手でむけるくらいやわらかいので、包丁が使えないお子様や男性の方でも手軽にお楽しみいただけます。


一個で一日に必要なビタミンCをカバー!

タンカンはビタミンCが豊富で、一個(約200g)になんと、みかんの約2倍(100mg)が含まれています。これは、大人が一日に必要とするビタミンCの量に値します。美白や健康に良いとされているビタミンCですが、具体的には次のような効能があると言われています。

<ビタミンCの効能>
●免疫力を高める
●老化現象を抑制
●メラニンの生成を抑えてシミを防ぐ
●鉄分の吸収率をアップして貧血予防
●抗酸化作用で癌や生活習慣病のリスクを軽減
●脂肪の燃焼を促進するのでダイエット中にも◎

<このような方にオススメ!>
●受験を控えているお子様
●食生活が乱れがちな社会人
●老化や貧血、肥満などが気になる女性
●普通の人よりも多くのビタミンCを必要とするスポーツマン
●妊婦さんや、授乳中のお母さま

そのような方にデザートとして、美味しく栄養補給できるタンカンはいかがでしょうか?

屋久島のタンカンが特別に美味しい理由

現在、日本産のタンカンのほとんどが鹿児島で作られています。その中でも特に屋久島のタンカンが高品質だと言われている理由は気候条件にあります。

タンカンの栽培には、
●夏場は高温多湿
●冬場は温暖少雨
●一年の平均気温が19~22℃
この三つの条件が理想とされています。

屋久島はこれらすべての条件を満たしている、タンカンを育てるのに絶好の土地なのです。また、屋久島は水が綺麗なことでも有名です。この土地の水は、軟水ということもあり口当たりがとてもまろやかで、かつ素材の風味を損なわないので、味が繊細な日本料理を作るのに使用されることが多いそうです。

理想の条件下でお日様の光を存分に浴びたタンカンは、光合成によって果実に糖分をたっぷりと蓄えます。さらに屋久島の水がタンカンの風味を最大限に引き出し、果肉をより一層やわらかなものにしてくれます。 こうして、特別に芳醇な香りを持つ、極上のタンカンが作られるのです。

美味しい食べ方いろいろ

甘く煮詰めてジャムにしたり、皮を使って砂糖漬けピールを作ったりと、いろいろな食べ方をお楽しみいただけます。 お酒が好きな方なら、テキーラなどのアルコールに漬けてフルーツ酒として楽しむのも乙ですよ。

クックパッドさんでも、タンカンを使ったレアチーズケーキやパンなど多くのレシピが紹介されていますので、興味のある方は下記サイトへアクセスしてみてくださいね。2015年7月現在でタンカンに関するレシピはなんと90件ほど紹介されております。
クックパッドWEBサイトはこちら→(※外部サイトへ移動になります)

チラシもつくりました!ぜひご覧ください♪

2018年度タンカン販売中止のお知らせとお詫び

屋久島デフファームで育てているタンカン木が去年の台風の影響で、被害を受けました。そのため、熟成しなかった実が多く、残念でございますが、2018年度の販売は中止させていただきます。毎回ご注文いただいているお客様にはご迷惑をおかけしてお詫びするとともにご理解を何卒よろしくお願い申し上げます。
2017年度タンカンの販売報告はこちら→
2016年度タンカンの販売報告はこちら→